売上に貢献するテイクアウト容器の選び方

テイクアウトや出前、フードデリバリーサービスなど、食事を運ぶ際に欠かせないのがテイクアウト容器です。

食べ物を運ぶだけなら、入れ物は特に気にする必要はないのでは、と思うかもしれませんが、選び方一つで売上に大きく響くことがあります。

容器を利用する飲食店などは、容器のコストにこだわる傾向がありますが、客は容器の利便性や見た目を重視します。

例えばテイクアウトで購入した食べ物が、食べる段階で崩れていたり、煮汁がこぼれていたとしたら、客はそれだけで食べる気を失ってしまいます。

お弁当も、全ての食べ物が一緒になっているよりも、適度に仕切りがあったほうが見た目がよく、食べる時も各おかずを楽しみながら味わうことができます。

カレー容器と一口に言っても、仕切りがなくご飯にカレーをかけるものもあれば、ご飯とカレーが別になるよう仕切られているものもあります。

会社の重役たちが集まる会議に出されるお弁当の容器は、ある程度高級感があったほうが好まれます。

どの容器が良いかは客の反応にもよりますが、選び方一つで売上に直接影響を与えることを忘れずに、慎重に選ぶ必要があります。

客受けの良いテイクアウト容器を選ぶには、できるだけ多くの容器を調べ、その中から最善のものを決めるというのが失敗しない方法です。

フードームはテイクアウト容器や使い捨て容器の専門店で、用途に合わせてさまざまな容器を販売しています。

同じカレー容器でも、複数種類取り扱っていますので、比較・検討しやすく便利です。

TOP