大原孝治の優れた経営手腕

ドンキホーテ神保町靖国通り店は8ヶ月というスピード撤退で話題となりましたが、撤退をしたことでドンキホーテがダメージを受けるということはありませんでした。そもそも、ドンキホーテの経営戦略として、撤退することを視野に入れたうえで新規出店をしているので、これも計算の内ということになるのです。出店して成功するかどうかは実際に開店してみなければわからない部分が大きく、それだけにコストをかけた出店は大きなリスクを伴います。ドンキホーテでは、売上が伸びなければすぐに事業転換をしていけばいいという考えのもとで、所有物件や居抜きを活用しているため、積極的な出店とスピーディーな撤退が可能なのです。

しかし、いくらそのような戦略といえども決断力がある人間がトップにいなければ全く意味がなく、実際にすぐに決断を下すことができる人は少ないものです。しかし、ドンキホーテ社長の大原孝治は自社の経営戦略をよく理解していることから、決断に躊躇がありません。いくら経営に悪影響がなかったとしても、あまりに早い撤退は面子に関わると考えなかなか決断を下せない経営者も多いものですが、大原孝治には出店攻勢をかけるからには、引くときはすぐに引かなければ行けないという考えがあるため、躊躇なく決断を下すことができるというわけです。ドンキホーテの出店攻勢に大原孝治の決断力が合わさったことから、現在のドンキホーテの躍進があるのです。

TOP