缶バッジを発注する際のポイント

缶バッジを発注する際には、事前にポイントを定めておく必要があります

バッジを制作する際にも、使用目的や渡す方のタイプによって、作成イメージが違っていくからです。

缶バッジを制作する際には、新商品やサービスの発表会などのイベント時が多いものです。

ロゴやイメージをプリントしたバッジを制作するにあたっても、来場者の傾向に合わなくては、自社のイメージを損ねることも有り得ます。

発注する際には、衣服に付けてもらったり、バッグに装着してもらったりなど、来場者の傾向に応じたバッジ制作の検討を行うことが必要なのです。

缶バッジを発注したことがない方は、少量では注文ができないと考えがちです。

殆どの制作会社では、少量からの制作依頼が可能となっています。

小規模イベントで使う場合であっても、少量から頼めるのです。

バッジを制作する際には、包装パッケージの検討も必要となります。

パッケージ上にプリントする内容が大きな販促効果を与えられるからです。

急ぎでバッジ制作を行う必要がある場合には、翌日の出荷を依頼することも可能です。

殆どの制作会社では、事前の無料見積もりを行っています。

長きに亘ってバッジ制作に携わってきた担当者が、イメージ通りのバッジ制作をサポートしていくのです。

バッジ制作時には、シルキーマットと呼ばれる工法を用いて、光沢感ある仕上げを施すことも可能です。

来場者に長きに亘って使ってもらうための工夫を施せるのです。

TOP